環境

三島鐵工株式会社では、公害防止・資源の有効活用を取り組むため、高性能設備を導入しためっき特定施設を平成25年2月に設立。平成23年に一部改正された水質汚濁防止法にも既に対応しております。

水資源の取り組み

めっき加工時に使用された化学物質の含まれた水の回収・再利用の設備を導入し、水質資源の有効活用を行っています。

汚水の回収・再利用の仕組み

クロムめっきライン

めっき加工を2階で行うことで、汚水を100%回収することが容易にできます。

2階で使用された水は収水枡で回収し、1階回収槽に移送します。
回収した汚水はイオン交換塔で有害物質を除去し、清浄化された水は洗浄水として使用します。

ニッケルめっきライン

ニッケルめっきラインの水洗工程は、タンク内でシャワー水洗を行っており、タンク内で回収された水は廃アルカリ・廃酸タンクに移送し保管します。

水質汚濁法一部改正についての対応

水質汚濁法の一部改正

水質汚濁防止法の一部改正が平成23年6月14日に成立、平成23年6月22日に公布され、平成24年6月1日施行されました。

平成27年5月31日に対象施設に対する構造等に関する基準の適用猶予が終了し、平成27年6月1日以降より、対象施設の処置が講じられない場合は、施設の一時停止命令等の法的処置を執る場合があります。

【環境省Webサイト】
水質汚濁防止法の改正~地下水汚染の未然防止のための実効ある取組制度の創設~(平成24年6月1日施行)

土壌汚染を防止するための取り組み

大気汚染への取り組み

めっき加工時に発生するミストガスを直接大気へは放出しません。
有害物質の含まれためっきミストガスは工場内の浄化設備で清浄化され正常な空気を維持しています。

ミストガス放出の抑制・ミストガスを浄化するための仕組み

めっき施工時に有害ミストガスが発生するため、めっき槽の間口に排風機を設置し、フードより吸引します。
吸引力は、めっき施工の状況に対応するために余力を持って設置しています。(最大吸引力:750m3/min。)
※半年に1回、作業環境測定を実施しています。

吸引したミストガスは、ミストセパレーター設備で除去され清浄化された空気はスクラバーを通って排気します。
※半年に1回、排ガス測定を実施しています。

▲このページの上部へ